「棒しばり」公演の詳細について

随時更新中です。公演料の変動に関してはご了承ください。

公演内容について

第一部「立ち廻りワークショップ」、第二部「棒しばり」の二部構成の公演内容です。一部と二部の間には20-25分ほどの休憩をはさみます。

  • 第一部「立ち廻りワークショップ」40分
歌舞伎の立ち廻りはテレビや映画とは違い、様式美を追求した舞台演出です。
いくつかの「型(かた)」をつなげていくことで、一連の立ち廻りが完成します。歌舞伎の伝統を体験できる人気のプログラムです。
※2-10名程度の参加が可能なプログラムです。10人以上の場合はご相談ください。
※所作台がある劇場の場合は参加者の方々に足袋を履いていただきます。
  • 第二部「棒しばり」40分
主人がお酒の好きな家来たちに留守中お酒を飲ませまいと家来の手を縛ってしまうというお話。ところがそれでも二人の家来は何とかお酒を飲もうとする、狂言がもとの面白い一幕です。
約40分。写真は既公演より。

公演料について

公演料:900,000円(税別)

※注記 大事な内容ですので、下記をご確認ください。

  • 公演料に含まれないもの:食費、交通費(東京駅~現地最寄り駅往復分)、現地交通費(タクシー代など)、宿泊費、運搬費、現地照明人員3名、現地大道具4名(御幕パネル等設置の場合)、所作台要員4名(他の現地スタッフ様で対応いただける場合は割愛)。
  • 舞台に関して:基本的に弊社の「松羽目ドロップ幕」「竹羽目ドロップ幕」を使用することを想定しています。会館様の松羽目、竹羽目・御幕パネル一式を使用する場合は別途上記の「現地大道具4名」様をお手配願います。

日本伝統芸能振興会 03-3552-6637

ないし office@atpa.jp まで、お気軽にお問い合わせください。

事務局